スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆に問いたい!エッチングパーツ組み立ては楽しいのか!否か!~グナイゼナウ製作

こんばんは。

やっと家でのんびりプラモ製作ができましたよ。
いや~作業がはかどりますね。

で、もうじき完成です、グナイゼナウ。
タミヤ 巡洋戦艦グナイゼナウその16
いつだったかここに書きましたが、ボイジャーモデルの木甲板シートは、甲板上の小さな構造物をエッチングパーツで作り替えなければなりません。

タミヤ 巡洋戦艦グナイゼナウその17
今回も辛抱しつつちまちまとエッチングパーツの組み立てをしていたのですが・・・

楽しくないんですよ!

タミヤ 巡洋戦艦グナイゼナウその19
人には向き不向きってのがありますね。
プラモ製作は作ってて楽しいのが大前提だということをつくづく実感しました。
今後はエッチングパーツに対する意識が変わる可能性大です、ハイ。

タミヤ 巡洋戦艦グナイゼナウその20

タミヤ 巡洋戦艦グナイゼナウその18
これが前に書いたマスキング&テンプレートを用いたハーケンクロイツの塗装です。
あとはちょこっとタッチアップが必要ですが、そこそこでしょ?

さ、残りは
・細かい修正
・艦載機の製作
・ドライブラシ&墨入れ
・トップコート吹きつけ
で、できあがりですね。
あ・・・本日からまた出張です。

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村
↑気に入っていただけたら、ポチッとお願いします。
スポンサーサイト

各メーカーが気を遣うあのマークを塗るのだ~グナイゼナウ製作

こんばんは。

今日は暑かったですねぇ。福島市内は30℃を越えましたよ。
福島市は盆地なんで、冬寒くて夏暑い気候なんですよ。

節電・・・しなきゃね。死なない程度に。

さて、今日は船首甲板に書かれていたあのマークを塗りました。

タミヤ 巡洋戦艦グナイゼナウその15
まずは、赤帯の下地のラインに合わせてマスキングし白を塗り、乾燥後丸の部分をさらにマスキングします。

タミヤ 巡洋戦艦グナイゼナウその14
さらにその上から赤を塗り、赤帯にします。

タミヤ 巡洋戦艦グナイゼナウその13
で、こちらが例のマークです。こちらを使って白丸の中に書いていきます。
もう10年以上前に購入して使い続けていますが、1/700しか作りませんのでいつも使うサイズは大体決まってます。

今回、初めて木甲板シートを使い、その上から塗装してみましたが、モールドが深い分、予想通りリタッチが必要でした。
今後同様の作業をするときは、貼る前に塗装をした方がいいですね。

さてどうなったかは、完成後のお楽しみということで、この後は甲板上の削り落とした構造物をエッチングパーツで作りました。
細かい作業は疲れますね。
おかげで今日の競馬は散々でした。

武豊、前人未踏の3400勝、おめでとう!
私とはあんまり馬券の相性良くないけどねw

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村
↑気に入っていただけたら、ポチッとお願いします。

久々に揺れても製作してました~グナイゼナウ製作

こんばんは。

福島に戻ってきたとたんに、久々の緊急地震速報だものぉ。
福島市内は震度3でしたから、そんなに大きくは揺れませんでしたから大丈夫ですよ。

揺れた時は「そろそろ今夜は終わろうかな」とブログ用のこの写真を撮っていたところでした。
タミヤ 巡洋戦艦グナイゼナウその11
まだ、甲板上のエッチングパーツが付いていませんが、こんな感じです。

タミヤ 巡洋戦艦グナイゼナウその10
今回、ボイジャーモデルの木甲板シートを初めて使用してみましたが、予想以上に「厚み」がありますね。
特に、2番砲塔は内側をリューターで薄々攻撃してあげないとダメなほどでした。
今後、木甲板シートを使用するときは、いつも以上に仮組みに注意すべきだと思います。

タミヤ 巡洋戦艦グナイゼナウその9
明日から久々の土日連休なので、車の車検、ワンコの病院、土曜午前中の競馬、そしてグナイゼナウ製作、あとちょっと仕事に勤しみたいと思います。

そうそう!Z級も作らなきゃ。

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村
↑気に入っていただけたら、ポチッとお願いします。

グナイゼナウ進水式・・・地味だけど

こんばんは。

何ともはっきりしない天気が続きますね。
明日から晴れて気温も上がるそうですが、青森寒いっす。

出張先から更新しているのに、グナイゼナウ進水式とはなんぞや?とお思いでしょうが
タミヤ 巡洋戦艦グナイゼナウその8
持って来ちゃいましたw
さすがにZ級は持ってきませんでしたが。

早速ホテルで昨日届いた木甲板シートを貼ってみました。
このボイジャーモデルの木甲板シートですが、甲板上の一部分の構造物をエッチングパーツで再現できるようになっています。
ですから、甲板上の余計なモールドは削る必要があります。

一方、ティルピッツ用に買ったKAモデルの木甲板シートは、キット上のモールドを生かすようです。
この差がどう出るのか、ティルピッツ完成後に比較検討をしてみたいと思います。

明日は福島から更新予定です。

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村
↑気に入っていただけたら、ポチッとお願いします。

これが21世紀の艦船モデルの在り方なのか!感動の木甲板シート購入

こんばんは。

今日は偶然、福島駅構内で大学時代の同級生に会い、そのまま居酒屋へGO!
ほろ酔い気分で帰宅しました。
しかし寒いですね。

がしかし!帰宅すると注文の品がガッツリ届いていました。熱くなりました。
こちらです。
木甲板シートその1
・・・かなり関係ない物が映っていますが、それは追々紹介するとして、艦船模型製作として注文した物は、
・ボイジャーモデル グナイゼナウ用木甲板シート&エッチングパーツ
・ボイジャーモデル シャルンホルスト用木甲板シート&エッチングパーツ
・ボイジャーモデル ビスマルク用木甲板シート&エッチングパーツ
・KAモデル ティルピッツ用木甲板シート
・フライホーク ビスマルク用金属マスト
の5点です。

木甲板シートその2
夜想亭さんには、KAモデルの物を紹介して貰ったのですが、在庫がなかったためボイジャーモデルのを購入してみました。

今、開封し眺めていたのですが、猛烈に感動しています!
凄いですよ、これは!!!
詳しくは明日の更新でお伝えします!
今日はもう遅いので(酔っぱらってるし)制作は明日以降になりますが、かなりモチベーションアップしました。
今週末が楽しみです。

さて、Z級ですが、昨日の記事で艦橋付近の改修が必要だと言うことでした。
あれから布団に入りながらいい改修方法ないかずっと考えていました。

途中ガバッっと起きて突然作業を始めたりと、ちょっと病んでましたがなんとか格好が付いたかと思います。
この報告も次回以降、していきたいと思います。

明日は青森に出張です。
行ってきます。

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村
↑気に入っていただけたら、ポチッとお願いします。
プロフィール

お気楽提督

Author:お気楽提督
ドイツの技術は世界イチィィィ!
機能美あふるるドイツ海軍の世界へようこそ!

趣味:写真撮影(Canon EOS40D、MINOLTA α-9)、競馬、全国動物園水族館巡り、ドイツ海軍研究、落語鑑賞

震災に負けないぞ!福島!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
お気楽なカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
19246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
1924位
アクセスランキングを見る>>
大ドイツ艦隊

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。